【ミズノ ウエーブデュエルネオ(wave duel neo)レビュー】ハイカットとローカットの違い、重さやサイズ感、耐久性は?短距離に使えるの?まで感想を答えます!

 

じゅんぼう
どうも!陸上競技歴10年以上のランナーじゅんぼう

(Twitter→@ketsuware_spurt,Instagram→RUNNINGLIFE)です。

こんな方に見て欲しい!

  • ウエーブデュエルネオが気になっている方
  • レース用薄底シューズをお探しの方
  • ハイレベルなスピード練習を行う方

今回は、「接地するたび速さに変えろ。」といったキャッチコピーで、圧倒的な反発性とフィット感の高さ、軽量性を兼ね備えた

ミズノのハイスピードモデル「ウエーブデュエルネオ」をレビュー!

  • 陸上競技歴10年以上
  • 500人以上にランニングシューズを販売
  • 実際に履いてみた感想

このような経験のある私が、

  • 9つの性能を5段階評価
  • メリット、デメリット
  • 実際に履いてみたサイズ感
  • どんな方がどんな練習に向いているか
  • 互換性のある他メーカーシューズ
  • どんなシューズと使い分けることができるか
  • 価格比較

このような感じで徹底的に紹介していきます。

TwitterやInstagramでもランニングシューズに関しての情報を発信しているので、最後まで見てレビュー内容が良かった場合はフォローしてあげてください。

それでは、スタート!



【ミズノ ウエーブデュエルネオ(wave duel neo)レビュー】

☑️ウエーブデュエルネオ(26.5cm)の重さは190g(ハイカット)と203g(ローカット)!

軽量性

ウエーブデュエルネオ(26.5cm)の重さを実際に計ってみると、

ハイカットが196g

ローカットが203g

でした。

ローカットは足首周りの生地がハイカットに比べて少し厚くヒールカップがしっかりしているため、13g重いといった結果になったのでしょう。

薄底のシューズと比べてみるとかなり重量はありますが決して気になる重さではありませんね。

☑️ミッドソール(屈曲性、安定性、クッション性、反発性)

屈曲性
安定性
クッション性
反発性

ウエーブデュエルネオのミッドソールには

  • ウエーブプレート
  • ミズノエナジーライト

が採用されています。

ウエーブプレートはスパイクのテクノロジーを応用した素材。

屈曲性を維持しつつ高い反発性で加速をサポートしてくれます。

ミズノエナジーライトはミズノ独自の新素材で、従来のミッドソール素材より、柔軟性が22%、エナジーリターンが35%向上しました。

弾力性のある発泡スチロールみたいな触りごごちです。

反発性が高いのでソールは硬いのかと思いきや手で曲げられるほどの屈曲性はあります。

地面をしっかり前足部でとらえて蹴り出すことができますね。

 

☑️アウトソール(耐久性、グリップ性)

耐久性
グリップ性

 

ウエーブデュエルネオのアウトソールには、ひし形のチップが全面に敷き詰められたG3ソールが採用。

縦方向のへのグリップ性が高くどんな地面でも推進力に変えてくれます。

このアウトソールはウエーブデュエルにも使われてましたね。

 

☑️アッパー(耐久性、フィット性、通気性)

耐久性
フィット性
通気性

ウエーブデュエルネオのアッパーにはニット素材が採用

柔らかいと思いきや、シューズと一体化したかのように、ガチッと足の甲全体を固定してくれます。

 

☑️実際に履いてみたサイズ感

私の足のサイズは

このような感じで日本人男性の平均より少し細めです。サイズ感をイメージする際の参考にしてください。

↑ハイカット

↑ローカット

締め付けの強いニットアッパーのためハイカットは履くのに少し苦労しますが、履き終わると足全体にぴったりとフィットして馴染んでくれます。

個人的にはヒールカップのしっかりとしたローカットの方が好みです。

☑️メリットとデメリット

ウエーブデュエルのメリットデメリットをあげておきます。

メリット ランニングシューズ史上最高位の反発性
デメリット アウトソールに搭載されたチップの耐久性

アウトソールのチップ(G3ソール)はグリップ性が高い分消耗も激しいです。

性能は素晴らしいのでうまく他のシューズと使い分けてあげると長持ちするでしょう。

☑️どんな方がどんな練習に向いているか

市民(マラソン)ランナー

初心者 ×
中級者
上級者

 

陸上競技者(部活生)

短距離 スパイクを使わない場面でのTTやレペティション
中距離 TTやレペティション
長距離 TTやレペティション、試合

 

上級者がさらなるスピード向上を目指すためにTTやレペティション、試合などで使用すると良いでしょう。

初心者は筋力が少なく高すぎる反発性に負けて安定性を確保できないので使用はおすすめしません。

 

☑️使い分けや次に使用する際におすすめのモデルは?

アップシューズ ウエーブエアロ18
トレーニングシューズ ウエーブデュエル2
レーシングシューズ ウエーブデュエルネオ

アップシューズとしてクッション性がありつつ速めのジョグやペース走に対応できるウエーブエアロ18

反発性が十分に高くスピードトレーニングで大活躍するウエーブデュエル22足との併用がおすすめです。

どちらか1足とするならウエーブエアロ18を選びますね。

アップ〜速めの距離走はウエーブエアロ18でスピードトレーニング〜TT、レペティションはウエーブデュエルネオといった感じで使い分けます。

【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

2020年8月4日

ミズノ ウェーブエアロ18の重さや評価は?サブ4〜3を目指すランナーにおすすめのランニングシューズをレビューします!

2020年3月9日

☑️価格は?

ハイカット

定価 ¥25,300
Amazon最安値 ¥20,996
楽天市場最安値 ¥22,730


 

ローカット

定価 ¥20900
Amazon最安値 ¥17,504
楽天市場最安値 ¥18,810


現在、発売から少し時間が経っていることもありハイカットは4000円、ローカットは3000円ほど安くなっています。

上級者用のハイスピードモデルということもあって価格は高めですね。

☑️まとめ

今回は、「接地するたび速さに変えろ。」といったキャッチコピーで、圧倒的な反発性とフィット感の高さ、軽量性を兼ね備えた

ミズノのハイスピードモデル「ウエーブデュエルネオ」をレビューしました。

もう1段回レベルアップしたいと考えている上級ランナーにはかなりおすすめできる1足なので検討してみてはいかがでしょうか。

「ちょっと自分の求めている性能とは違うんだよな…」のように思ったのであれば、ウエーブデュエルネオの他にもミズノでは多数のシューズがあります。

レビューした記事があるのでお探しください↓

  • 初心者ランナーなら:ウエーブスカイ4
  • 安定性とクッション性を求めるなら:ウエーブライダー24
  • 弾力せいのあるフラットソール:ウエーブシャドウ4
  • もう少しクッション性が欲しいなら:ウエーブエアロ18

ミズノ ウェーブエアロ18の重さや評価は?サブ4〜3を目指すランナーにおすすめのランニングシューズをレビューします!

2020年3月9日

  • 長く使える耐久性を求めるなら:デュエルソニック
  • スピードトレーニングをしたいなら:ウエーブデュエル2

【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

2020年8月4日

【ミズノウエーブデュエル2 レビュー】GTZ2との違いや重さ、サイズ感、短距離に使えるかまで徹底的に紹介します!

2020年8月4日

  • ミズノのスピードモデルといえば:ウエーブエンペラージャパン4
  • フラットな接地感で走れる超軽量シューズ:ウエーブクルーズジャパン

最後までご覧いただきありがとうございました。

これからもランニングに関する情報をたくさん発信していくので良かったら見にきてください。

それでは!

 

当ブログのSNSはこちら!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です