【アシックス ターサーエッジ2 レビューブログ】重さやサイズ感、ソールの厚み、前作との違いまで紹介します!

じゅんぼう
どうも!陸上競技歴10年以上のランナーじゅんぼうです。
こんな方に見て欲しい!

  • スピードトレーニングからレースまで幅広く対応できるシューズをお探しの方
  • 軽さだけでなく安定感とクッション性もランニングシューズに求める方

今回は、スピードを出せる反発性がある上に、安定性、クッション性まで兼ね備えた大人気モデル「ターサーエッジ」の第2段をレビューします。

「ターサーエッジ2」がなぜこんなにもバランスの整った素晴らしいシューズなのかを

  • 陸上競技歴10年以上
  • 400人以上のランナーにシューズを紹介
  • 実際に履いてみた感想

を元に私がどこよりも詳しく紹介していきますね。

それではスタート!




ターサーエッジ2の特徴

ターサーエッジ2(26.5cm)の重さは191g!

ターサーエッジ2(26.5cm)の重さは191g

前作と変わらず重さを感じず走れる軽量さです。

汎用性が高くスピードトレーニングやレースまで使っていただけますね。

反発性に優れたミッドソール

ターサーエッジ2のミッドソールには反発性が特徴的なフライトフォームプロペルを全面に採用

弾力感のある素材のため見た目よりクッション性が感じられ反発性も高めです。

屈曲性は高めなので地面をしっかり掴んで前に進むことができます。

安定性とクッション性を生み出すアウトソール

ターサーエッジ2のアウトソールには

  • 前足部にまで伸びたトラスティック
  • 中足部外側のフラット構造
  • 工夫されたDUOSOLE

これらの特徴があります。

トラスティックは前足部〜中足部にかけて搭載され、蹴り出し時の反発力だけでなくねじれを防ぎ安定性まで確保してくれす。

中足部のフラット構造はターサーエッジならではの特徴。

接地面が広がることで安定性とクッション性が大幅にUPしています。

失速しやすいランナーはかなり助けられるのではないでしょうか。

グリップ力を高めてくれるDUOSOLEは蹴り出しをサポート。

外側の向きを変えることでより自然なグリップ力を発揮してくれます。

中足部のフィット感が向上したアッパー

エッジ2のアッパーには、アダプトメッシュ2.0が採用。

内側にあるフィルム補強と相まって中足部のフィット感が向上しソールが足裏にピッタリと付いてくれます。

ターサーエッジ2(26.5cm)のサイズ感

私の足のサイズは

このような感じで日本人男性の平均より少し細めです。サイズ感をイメージする際の参考にしてください。

ターサーエッジ2(26.5cm)を実際に履いてみます。

サイズ感はちょうど良い感じ。ただつま先が少し詰まっているので1サイズ大きめを選んでもよかったですね。

ターサーRPほどではないですがサラサラとした履き心地で蒸れの心配はなさそうです。

軽いのに弾力のあるソールが安定感とクッションを感じさせてくれます。

どんなランナーがどんな場面で履く?

ターサーエッジ2は

  • サブ3〜アスリートレベルのランナー
  • スピードだけでなくクッション性や安定性を求めるランナー
  • 最後まで失速せずに走り切りたいランナー

におすすめ。

トレーニングでもレースでも活躍してくれる超万能なモデルです!

ターサーエッジ2の価格は?

ターサーエッジ2の価格は¥15400

ランニングシューズとして平均よりも少し高めの印象。

発売してから間もないので現段階ではほぼ定価での購入になりますが、もう少し期間が空くと安価で購入できるでしょう。




 

まとめ:スピードだけでなくクッション性や安定性も欲しいあなたにはターサーエッジ2

今回は、スピードを出せる反発性がある上に、安定性、クッション性まで兼ね備えた大人気モデル「ターサーエッジ2」をレビューしました。

あなたのような最後まで失速せずに安定感のある走りをしたい方にぴったりの1足ではないでしょうか。

スピード練習からレースまで幅広く使っていただけます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは!

1 個のコメント

  • アディゼロ匠練でコメントしたものです 匠練をアップからペース走、中程度インターバル 戦を強度のインターバル と聞きました キロ5~4程度のジョグでどのようなシューズを使っていますか

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です