陸上800mが速くなる方法は?走り方のコツやトレーニング方法、ペース配分まで徹底的に答えます!

純坊
どうも!陸上競技歴10年以上の学生ランナーじゅんぼうです。

どうしたら800mのタイムが縮まるの?もっと速くなる方法が知りたい!

というお悩みに今回は答えていきますね。

陸上800mが速くなる方法は?走り方のコツやトレーニング方法、ペース配分まで徹底的に答えます!

800mで速くなる方法は?

結論から言うと、

スピードと持久力の両面を鍛えましょう。

800mには有酸素パワー、無酸素パワーともに高い能力を必要とする種目。

どちらが欠けてもタイムは縮まりません。

得意不得意があるにせよ自分に合ったバランスで能力を伸ばしてあげましょう。

トレーニング方法は?

スピードと持久力を鍛える必要のある800m走はトレーニング方法がたくさんあります。

スピードを鍛えるトレーニングとしては、

  • スプリントトレーニング
  • プライオメトリクス
  • ウエイトトレーニング
  • ショートスプリント

などがあります。

スプリントトレーニングやプライオメトリクスはコツを掴むまで時間がかかりますが、1度身に付けると爆発的なスピードが手に入るので練習前の動きづくりや補強などで積極的に取り入れていきましょう。

そして、地道に技術を向上させながらショートスプリントでどんどん走りに馴染ませていけば使える技術になっていきますよ。

持久力を鍛えるトレーニングとしては、

  • ジョグ
  • ペース走
  • インターバル走
  • ウエーブ走

などがあります。

特にインターバル走はおすすめ。

スピードを維持しながら持久力も鍛えることができるため800mにはもってこいのトレーニングです。

そしてどんなペースでも対応できるようにウエーブ走をしたり、自分の実力を知るためにレペテーションなどを定期的に取り入れると試合に強い選手に成長できるでしょう。


 

800mの走り方のコツは?

最も基本的な走り方としては、

  • 200m地点→適度なペースで走りつつ集団の中心より少し前で走る
  • 400m地点→2周目のタイムが落ちることを想定して少し速めに1周目を通過
  • 600m地点→徐々にペースを上げていきラストスパート
  • 800m地点→疲労からフォームが崩れるのをグッとこらえて走り抜ける

といった感じです。

走り方は人それぞれで試合によっても大きく展開は変わりますが、はじめは基本この展開と考えておいて良いでしょう。

例外も一応紹介しておくと、

順位重視のレース

  • 1周目→めちゃくちゃ遅い
  • 2周目→スピード勝負

タイム重視のレース

  • 1周目→めちゃくちゃ速い
  • 2周目→限界がきた選手から順次脱落

といったレースもあります。

800mのペース配分は?

800mのペース配分はスピードタイプか持久力タイプかで変わります。

トレーニングも含めて簡単に知ることができる計算フォームを用意したのでご利用ください↓

自分に合った800mのトレーニングペース配分が1目でわかる計算フォームを作成しました!

2020年8月10日

まとめ:800mは難しいがやりがいのある超楽しい種目

どうしたら800mのタイムが縮まるの?もっと速くなる方法が知りたい!

というお悩みに今回は答えました。

800mはスピードと持久力のどちらも高い能力が必要とされる種目のため、

  • トレーニングの種類が多い
  • 選手によってレース展開が変わりやすい
  • めちゃくちゃキツい

難しい種目ですがその分やりがいのある種目です。

僕もまだまだ速くなりたいので努力し続けます。

お互い楽しみましょう!!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です