【陸上競技】ランニングの姿勢、腰を高くする重要性を知ろう!

ケツワレ
どうも!陸上競技歴10年以上の大学生ランナーケツワレです。

ランニングにおける姿勢の重要性について知っていますか?

普段から走る姿勢意識している人は少ないと思います。

 

こんな方に見て欲しい!

  • 陸上競技に興味がある方
  • 姿勢の重要性を知りたい方

 

今回は筋肉の仕組みを知って姿勢の大切さを学びましょう。

姿勢が変わればフォームが変わり、フォームが変われば走りが見違えるほど変わります。

それでは、スタート!

 

【陸上競技】ランニングの姿勢、腰を高くする重要性を知ろう!

 

走るとき腰を高くしろと言われた経験はありませんか?

この意味を知らないまま腰を高くして走っていても速くはなりません。

そこで今回は走る上で重要な姿勢について書いていきます!

 

腰に潜んでいる筋肉

 

腰には走る上で必要な筋肉が潜んでいます。

腰にある筋肉

  • 腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)

これらの筋肉は脚を素早く持ち上げる力を生み出す筋肉です。

 

その他にも腸腰筋には股関節の屈曲、骨盤の前傾などの機能もあります。

腸腰筋の機能

  • 脚を持ち上げる
  • 股関節の屈曲
  • 骨盤の前傾

今回は脚を持ち上げる機能に焦点を当てていきます。

 

筋肉の性質を知ろう

 

次は腸腰筋(筋肉)の性質を知りましょう。

筋肉はゴムと同じで伸ばすと縮む性質があります。

画像の体勢では矢印で指した部分(腸腰筋)が伸びている状態です。

運動は筋肉の伸び縮みの繰り返しなので、このとき伸びている腸腰筋は縮もうとしています

 

走るとき腰を高くする(姿勢を意識する)理由

 

次は走るとき腰を高くする(姿勢を意識する)理由について書いていきます。

先ほど筋肉はゴムと同じで伸ばすと縮む性質があり、腸腰筋も同じでその性質を発揮しようとすると書きました。

走るときもこのような状態を姿勢で作り出すことができます。

それが腰を高くすることです。

腰を高くしていると、腸腰筋が少し伸びている状態になります。

伸びている筋肉は縮もうとするので、腰の高い状態で腸腰筋が縮むと自然と脚が高く上がるようになります。

 

その上、腰を高くすると重心も高くなります。

ケツワレ
脚が高く上がればその分ストライド(一歩の広さ)が伸びて速くなりますね。

なので走る上で腰を高くする(姿勢を意識する)ことはとても大切なのです。

 

腰が高いと

  • 腸腰筋が伸びやすくなる。
  • 重心が高くなる。

 

腰を高くしていないと?

 

腰を高くする理由について説明してきました。

それでは逆に腰が低い状態で走るとどうなってしまうと思いますか?

腰が低い状態で走ってしまうと自分の力だけで脚を引き上げるしかなくなってしまうので、疲れやすく動きも鈍い走りになってしまいます。

腰が低いと

  • 自分の力で引き上げる
  • 疲れやすい
  • 動きが鈍い

こんな感じです。

 

腰が低いと腸腰筋が伸びていない状態になっています。

筋肉はゴムと同じで伸ばすと縮む性質なので伸ばしていないと縮むこともないので何も起りません。

自分で引き上げるしかなくなってしまいます。

 

もう腰が低いと腰が高いでは、どちらが脚が速く高く上がるかは簡単に分かりますよね。

もちろん腰が高いほうが良いに決まっています。

なので腰が低い方は腰を高くすることを意識して走りましょう。

 

まとめ

 

それでは今回の記事をまとめます!

 

まとめ

  • 腰には腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)がある
  • 腸腰筋は脚を持ち上げる筋肉。
  • 筋肉は伸ばすと縮む性質がある。
  • 腰を高くすると腸腰筋が伸びる。
  • 腰を高くすると重心も高くなる。
  • 腸腰筋が縮むことで脚が上がる。
  • 腰が低いと縮む力が発揮されない。
  • 腰が低いと疲れる上に遅い。

このような感じです。

 

今回は走る上で重要な姿勢について書きました。

正しい姿勢で腰を高くすることはとても大切です。

 

速く走りたいなら筋肉を増やす、体力をつけるなどを行う前に自分の走る姿勢から意識しましょう。

姿勢を見直せば正しい接地(リニアモーションやローテーショナルモーション)にも繋がるようになります。

【陸上競技】つま先接地、かかと接地ではなくフラット接地で走るべき理由

2020年2月10日

なので走る上で最優先するべきものは姿勢だと言えますね。

 

本記事を読んでいただきありがとうございました!

あなたの走りの参考の1つになれば嬉しいです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です